第15回ハロプロ楽曲大賞’16に向けて。その③

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは。

早速ですが本日もハロプロ楽曲大賞の予想を始めようと思います。

続きましてはアンジュルムです。

アンジュルム 16曲

「次々続々 / 糸島Distance / 恋ならとっくに始まってる」
2016/04/27
・次々続々
・糸島Distance
・恋ならとっくに始まってる

「次々続々 / 糸島Distance / 恋ならとっくに始まってる」(アナログシングル)
2016/08/10
・次々続々 (SWG REMIX)

「上手く言えない / 愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間 / 忘れてあげる」
2016/10/19
・上手く言えない
・愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間
・忘れてあげる

『演劇女子部「モード」オリジナルサウンドトラック』
2016/11/02
・MODE
・桜の歌 [中西香菜]
・華子の歌 [佐々木莉佳子]
・愛子の歌 [勝田里奈]
・かよの歌 [笠原桃菜]
・美智子の歌 [上國料萌衣]
・Believe in Me [和田彩花]
・オシャレは女の戦闘服
・ファッションマガジン [和田彩花、中西香菜、竹内朱莉]

アンジュルムからは以上16曲です。例の如く演劇女子部とアナログ盤は割愛します。

今年めいめいが卒業したアンジュルムは、新メンバーが立て続けに2人入っていることもありリリースが少なめですね。

アンジュルムの中で今年票を集めそうなのは、次々続々ではないでしょうか。大器晩成の流れを汲んだアンジュらしさのある一曲です。

あとは、愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間などでしょうか。非常にタイトルが長くてインパクトがありますが、新メンバー笠原がいることで良い意味での陰の部分がグループに出てきている曲です。

あとはご当地ソングシリーズの糸島Distanceでしょうか。好いとうと と言われるたびに水筒が頭の中にたくさん出てきます。水筒と水筒と水筒とやかん。

アンジュルムは今年層が厚くなったので、来年に期待しましょう!

①次々続々

②愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間

③糸島Distance

④上手く言えない

⑤忘れてあげる

⑥恋ならとっくに始まってる

明日はJ=Jです!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す